動物保護団体・里親探し専用テーマ無償提供中!

WordPress ForestでGoogleやSNSと連携をする方法

WordPress Forestの使い方

WordPress Forestで取り扱う各種テーマ*には、Googleが提供するサービスやSNSと連携する機能がついています。

こちらの記事では、WordPress Forestのテーマで各種サービスとの連携を設定する方法を解説します。

すべての設定は、WordPress管理画面の「外観」→「カスタマイズ」で行います。

*未対応テーマ有り

WordPress Forest × Google

GoogleサービスとWordPress Forestのテーマと連携させるには、一部を除いてGoogleのアカウントが必要です。

Googleのアカウントは、ホームページの運営において重要な役割を担うので、お持ちでない方はこの機会に取得しておきましょう。

Google Map(グーグルマップ)

まずは、Google Mapにアクセス。

お店や会社の住所を検索します。

もし、このときにお店や会社の情報が地図にまだ登録されていないときは、Googleマイビジネスからビジネスの登録をお済ませください。

Googleマップの共有方法

次に、共有ボタンから「地図を埋め込む」を選択し、「HTMLをコピー」します。

Googleマップの共有方法

WordPressカスタマイズ画面の該当箇所にペーストし、公開ボタンを押して完了です。

Googleマップの共有方法

Google Calendar(グーグルカレンダー)

まずは、Google Calendarにアクセス。

左サイドメニューのマイカレンダーから、一番上のアカウントの3点リーダーをクリックしてください。

Googleカレンダー公開設定

「設定と共有」をクリック。

Googleカレンダー公開設定

アクセス権限へ進み、「一般公開して誰でも利用できるようにする」にチェックを入れます。

Googleカレンダー公開設定

次に、お持ちのグーグルアカウントのメールアドレスをご確認ください。

wordpress-forest@gmail.com

こちらの、@より前の部分をコピーします。このアカウントの場合は、「wordpress-forest」ですね。

WordPressカスタマイズ画面の該当箇所にこれをペーストし、公開ボタンを押して完了です。

Googleカレンダー公開設定

Google Analytics(グーグルアナリティクス)

まずは、Google Analyticsへアクセス。

左サイドバーから「管理」を選択し、「プロパティ設定」へと進みます。

管理からプロパティ設定へ

こちらの「UA-」から始まるトラッキングIDをコピーしてください。

トラッキングIDの場所

WordPressカスタマイズ画面の該当箇所にこれをペーストし、公開ボタンを押して完了です。

WordPress Forest × SNS

口コミとして大きな役割を担うSNSは、集客やセールスにとって最重要の項目です。

拡散されやすいTwitterをはじめとして、見た目をアピールできるInstagram、信頼を築きやすいFaceBook、メルマガなどでファンを獲得できるLINEなど、事業に合わせて活用していきましょう。

次のそれぞれの該当箇所を、WordPressのカスタマイズ画面に登録してください。

Twitter

ユーザーID(@よりあとの部分)です。

TwitterのID

Instagram

ユーザーID(ユーザーネーム)です。プロフィールページ表示されています。

InstagramのID

名前ではないのでお間違いなく。

名前ではなくユーザーネーム

FaceBook

ページのURLです。

WordPress Forestの場合は、https://www.facebook.com/WordPressForest/ですね。

さいごに

WordPressでのホームページ作りには、「どのテーマを選ぶか」がとても重要なポイントです。

SNSとの連携が簡単に行えること、SEO対策のためにGoogleサービスを簡単に利用できることは最低限の機能。

テーマ選びには、これらの機能が備わっているかを必ずチェックしましょう。

簡単操作でプロの仕上がり!格安でビジネスサイトを作るならWordPress Forestで▼

WordPress Forest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)